姿勢維持に必要な筋肉4選

正しい姿勢を維持するために特に重要な筋肉はインナーユニットと言われます。これは体幹部の深層に位置する筋肉群で、4つの筋肉で構成されています。ここでは姿勢維持に必要な筋肉4選(インナーユニット)について紹介します。

1.腹横筋

腹部の最も深い層に位置する筋肉で、体幹を横から締めるように包んでいます。この筋肉は、腹圧を高めて内臓を支えるとともに、脊柱を安定させる役割を果たします。腹横筋がしっかりと機能することで、腰痛の予防や体幹の安定性が向上します。

2.多裂筋

背骨に沿って縦に走る小さな筋肉群で、各椎骨を個別に支えています。この筋肉は、脊柱の安定性を高め、細かな動きをコントロールする役割を果たします。多裂筋が強いと、姿勢が良くなり、背骨への負担が軽減されます。

3.横隔膜

胸腔と腹腔を隔てる大きな筋肉で、主に呼吸に関与します。横隔膜が正しく機能することで、呼吸がスムーズになり、腹圧が適切に保たれます。これにより、体幹の安定性が向上します。横隔膜の動きは、インナーユニット全体の機能と密接に関連しています。

4.骨盤底筋群

骨盤の底に位置する筋肉群で、内臓を支え、尿や便の排泄をコントロールする役割を担っています。これらの筋肉が強いと、体幹の安定性が高まり、腰痛や骨盤の不安定感が軽減されます。

インナーユニットを鍛えることで、体幹の安定性が向上し、姿勢の改善や腰痛の予防など体にとってのメリットが多くあります。インナーユニットを鍛えて健康的な体を手に入れましょう。お身体のお悩みがありましたら、一度保谷北口スポーツ接骨院までご相談ください。

ご予約はLINE・お電話から
お気軽にご連絡ください

7月31日までに
ご予約の方に限り

残り 8 名様

※定員オーバーの際はご容赦ください。
※大変好評ですぐに枠が埋まってしまいます。
ご興味ある方は空き状況をご確認いただくことをオススメします。

住 所 〒178-0064
東京都練馬区南大泉5-31-15
診療時間 月~金 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日