足関節捻挫を起こしやすい人の特徴3選

捻挫は多くの方が経験したことがある怪我かと思います。

足関節捻挫を起こしやすい人にはいくつかの共通点があります。ここでは3つの共通点を紹介します。

1.足首の筋力とバランス感覚の不足

足首周りの筋力やバランス感覚が不足している人は、足関節捻挫を起こしやすいです。足首を支える筋肉や腱が弱いと、急な動きや不安定な地面でのバランスを保つことが難しくなります。バランスディスクやチューブを使ったトレーニングで筋力強化やバランス感覚を鍛えて予防しましょう。

2.過去の捻挫による靭帯の損傷と不適切なリハビリ

過去に足関節捻挫を経験した際に、靭帯や筋肉が完全に回復していないと、再度捻挫をしやすくなります。捻挫を軽視し、不適切なリハビリや、治療を十分に行わなかった場合、靭帯が弱くなり、足首の安定性が低下します。適切な治療を行い、専門家の指導の下で正しいリハビリをし、靭帯や筋肉をしっかり回復させましょう。

3.不適切な靴の選択と使用

足に合わない靴やサポート力のない靴を履くことで、足首の不安定性が増し、捻挫を繰り返しやすくなります。特に、ヒールの高い靴やソールの柔らかい靴は、足首のサポートが不足しがちです。

足関節捻挫を起こさないようにするためには、日ごろから適切な筋力トレーニングとバランストレーニング、そして正しいリハビリと靴の選択が重要です。一度捻挫をしてしまうと繰り返しやすくなります。そのため捻挫を軽視せず、少しの痛みでもお困りの際は保谷北口スポーツ接骨院までご相談ください!

ご予約はLINE・お電話から
お気軽にご連絡ください

7月31日までに
ご予約の方に限り

残り 8 名様

※定員オーバーの際はご容赦ください。
※大変好評ですぐに枠が埋まってしまいます。
ご興味ある方は空き状況をご確認いただくことをオススメします。

住 所 〒178-0064
東京都練馬区南大泉5-31-15
診療時間 月~金 9:00~20:00
土曜 9:00~15:00
定休日 日曜・祝日